2013年1月アーカイブ

お金借りるための心構え

住宅の購入や車の購入など、普段の収入以上にお金が必要となる場面が多々あります。そんな時にはお金を借りることになりますが、お金借りる場所としてまず名が挙がるのは銀行や消費者金融等の金融機関でしょう。しかし、お金借りるにも注意すべき点があります。
お金を貸したからには、是が非でも返してもらいたいものです。つまり、お金を貸す側からすれば、借りる側の返済能力が求められます。たとえば、安定した収入があるなどです。よって、信用力はお金を借りるに当たり、絶対条件とも言えます。また、すでに多額の借り入れのある人は、返済能力が問われてしまい、新たにお金借りるのが困難になってしまいます。
多額の資金が必要になるのは前述の物品の購入以外にも、怪我・病気の治療時などもあると思います。いつ、どこでお金が必要となるかわからないため、日ごろから自分の収入に見合った金銭管理をすることも、お金を借りるための準備の一つとも言えます。
生活をしていると、どうしてもほしい物や、したいことがあるものです。そんな時に、お金がないと思い、我慢してしまうと、あとから後悔することがあります。その時に欲しいものをすべて手に入れることは無理ですが、それを手に入れることによって、人生のやりがいを感じたりすることができたら、それも一つの考えとして正しいのです。そしてそれを、お金がないために諦めてしまうのは、悲しい気持ちになります。そのため、一時お金借りることで、自分の生きがいを感じることができるなら、それもおすすめします。そして、そのように考えるとお金を借りて確実に返済していくことで、社会人として、人間として毎日の生活に潤いを持つ事ができます。また、そうして生活することが上手に生きて行く事につながることもあります。人生においては、自分にないものがたくさんあります。そして、それを補っていくことと、お金を上手に利用していくこととは同じ事なのです。

お金借りるのに必要な書類

 金融機関からお金借りるためには、準備しなくてはならないことがいくつかあります。どこの金融機関であっても、連絡先がしっかりとしていない人に、お金を貸すことはありません。連絡先がしっかりとしていることを証明するためには、きちんとした身分証明書が必要になってきます。一般的には健康保険証か運転免許証が必要となります。それから収入があることも証明する必要があります。金融機関によっては、収入証明書が必要な場合もあります。連絡先がしっかりとしていて一定の収入があるという事が、お金を借りるための最低限度の条件となっています。これらが準備できない場合には、金融機関ではなくて、公的な貧困対策を行なっている自治体などに融資を申し込むことになります。自治体やNPOなどでお金を借りるのは、金融機関を利用するのとは違い支援を受けるということになるので、必要な書類などをあらかじめ準備する必要はありませんが、以降の行動には一定の制限が設定されることになります。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。